fixed_side_button
fixed_side_button

カリキュラム紹介 CURRICULUM

2年間で着実に身につくカリキュラム

教養教育科目

教養教育科目
倫理
保育として、また個人として「人の心を大切にする」ことの重要性を学ぶため、倫理学の歴史や基礎、実践的な応用倫理学で倫理の感性を養います。
法学(日本国憲法)
日本国憲法は、幼稚園教諭2種免許状を取得するための必須項目です。
この国のあり方の基本原理を学ぶ科目です。

  • 心理学
  • キャリアデザイン論
  • 情報機器操作応用
  • 保育と家庭
  • 英語コミュニケーションI・II
  • 体育実技
  • ソルフェージュ
  • パソコン講座I・II
  • 体育講義
  • 保育者としてのコミュニケーション
  • 映像で学ぶ保育と教育
  • 子どもの問題とコミュニケーション

基礎技能科目

器楽(基礎・応用)
器楽(基礎・応用)
基礎でピアノの基本的な知識や技術を身につけ、応用として保育教材に用いられる曲を「弾き歌い」できるようにグループレッスンを行います。

幼児体育I・II
幼児体育I・II
実技形式により、幼児の体育指導の見方・捉え方や、保育現場で使われている施設・設備・遊具の種類に応じた活動の指導方法・管理などについて学びます。

基礎造形I・II
基礎造形I・II
保育現場で必要とされる絵画や立体造形などの基本的知識として、画材や工作材の知識、道具の使い方や使用時の姿勢、注意点などを修得します。

基礎理論科目

  • 教育原理
  • 社会福祉
  • 社会的養護
  • 教職論
  • 教育課程総論
  • 保育原理
  • 児童家庭福祉
  • 地域福祉の課題
  • 教育社会学

基礎技能科目

人間関係指導法
人間関係指導法
現代社会の諸問題を捉えつつ、その社会の中で育つ子どもにとって「人とのかかわり」を育成していく保育施設の役割を学びます。

表現活動指導法(リトミック)
表現活動指導法(リトミック)
音楽んリズムを知ることを中心とした授業です。リズム遊戯によってリズミカルな身体の動きを学ぶ体得演習も行われます。

基礎造形I・II
基礎造形I・II
実際に保育教材を作り、その活用法を考えることを主眼とします。ペープサートや人形(ギニョール)、パネルシアターなどの教材をそれぞれ制作します。

  • 保育課程論
  • 保育内容総論
  • 健康指導法
  • 言葉指導法I・II
  • 環境指導法I・II
  • 幼児教育指導法
  • 社会的養護内容
  • 保育相談支援
  • 表現活動指導法(創作活動・リズム音楽)

基礎技能科目

子どもの食と栄養
子どもの食と栄養
子どもにとっての栄養の重要性はもちろん、現代の食に関わる諸問題や食環境、食育の重要性などを学びます。また、講義をもとにした調理実習で実践力を養います。

子どもの保健I・II
子どもの保健I・II
保育現場や家庭での育児や看護に必要な実践的技術、安全教育や応急処置などを学び、子どもの心身の県境状態を判断できる力を身につけます。

  • 発達の心理学
  • 幼児理解と保育方法
  • 子どもの健康と運動
  • 教育相談論
  • 臨床心理学
  • 相談援助
  • 保育の心理学演習
  • 家庭支援論
  • 障害児保育I・II
  • 乳児保育I・II

教養教育科目

ゼミナール

学生が主体的に課題を設定し、絵本・玩具等の制作や、少子社会・地域子育て支援等に関する研究レポートの作成を行います。

  • ゼミナール(論文・創作演習)
  • ゼミナール(グローバル学習)

教育・保育実習

  • 教育実習
  • 保育実習指導I
  • 保育実習III
  • 保育実習I(保育所・施設)
  • 保育実習II
  • 保育実習指導III
  • 保育実習指導II

保育教育実践演習

  • 保育教育実践演習

まずは、資料請求から