fixed_side_button
fixed_side_button

保護者のみなさまへ PARENTS

理事長・学長あいさつ

about_eyecatch

 学校法人貞静学園は、1930年に創立され、以来87年にわたり、保育・福祉の分野で、社会に役立つ、より資質の高い、心豊かな人材の育成に励んでまいりました。
「大学改革実行プラン~社会の変革のエンジンとなる大学づくり~」や「教育振興基本計画」にもあるように、グローバル化に対応した人材の育成、社会を生き抜く力の養成等への取り組みが大学へ求められています。本学は、
国際的に通用し社会に貢献できる人材の育成を絶えず念頭に置き、海外提携大学を増やすとともに、より柔軟性のある保育者・介護福祉士養成に励んでおります。
時代が変わり社会のニーズが変化しても、保育・教育の基本は恒久的なものであり、特に幼児期は、人生において、生涯にわたる人間形成の基礎が培われる極めて重要な時期であります。そして保育者は、幼児期における保育・教育が、その後の人としての生き方を大きく左右する重要なものであることを認識して、保育にあたるべきとされています。
子どもが健やかに成長するためには、国民一人ひとりが幼児教育の重要性を認識し、社会全体の責任として捉えていかなければならない時代になっています。本学は、保育の重要性とともに家庭教育の重要性をも視野に入れ、家庭と保育現場の双方の連帯関係の必要性を考慮しつつ、常に社会のニーズに対応しながら、自分の意見を持ち発信できる能力を持った、海外でも活躍できる次世代を担う若者への教育に専念し、学生指導・支援体制を強化しております。
また、本学は、急速に進む高齢社会に対応するために、学生達が介護福祉士としてのあるべき姿を常に考え、時代の流れとともに変化していく介護のあり方を学び、また自身で考え、多様な状況に適応できる、倫理観を備えた介護福祉士養成を目指しております。
短期大学開学9年目を迎え、本学の教育理念である「これからの社会に役に立つ心豊かな人材の育成」、すなわち社会貢献に寄与できる優秀な人材を輩出するべく努力を重ねてまいります。

2018年度 募集要項

募集学科・修業年限

保育学科 昼2カ年 募集定員150名(男女)
専攻科 介護福祉専攻 昼1カ年 募集定員40名(男女)

受験/出願資格

保育学科 【推薦】
高等学校卒業者および2018年3月卒業見込みの者。
学校長の推薦のある者。
本学のみを受験する者。
【一般】
高等学校卒業者および2018年3月卒業見込みの者。
もしくは高等学校卒業程度認定試験に合格した者。
専攻科 介護福祉専攻 学校教育法第91条第2項の規定を満たし(大学を卒業した者又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者)、厚生労働省の指定した保育士養成施設を卒業し保育士の資格を有する者および2018年3月にその見込みの者。

奨学金について

本学の奨学金には、次のような制度があります。

特待生制度
(平成30年度入学生:利用条件および提出書類あり)
A特待:入学金の全額(25万円)免除
B特待:入学金の半額(12.5万円)免除
奨学金制度 平成24年度より卓越した学生を対象に
新奨学金制度を設立。
成績優秀者に、授業料の1/3を給付。
日本学生支援機構 〈第一種奨学金(無利子)〉
自宅:月額53,000円/自宅外:月額60,000円
〈第二種奨学金(有利子)〉
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から申込時選択
保育士修学資金 (無利息返還)月額50,000円以内
卒業後、都内の保育所等で引き続き5年間、
保育士業務に従事した場合等、返還免除が可能
(他、入学準備金20万円以内、就業準備金20万円以内)
介護福祉士等修学資金 (無利息返還)月額50,000円以内
ただし、卒業後1年以内に指定施設等に定められた期間、
介護福祉士として勤務した場合は返還免除
(他、入学準備金20万円以内、就業準備金20万円以内)
学費サポートプラン 入学金や授業料など、学費の立替払い制度もあります。
詳しくは入試・広報課までお問い合わせください。
※各種奨学金を受けられる方もご利用いただける制度です。

社会貢献活動

まずは、資料請求から